手奇塾のブログ

大人も知らない各社歴史・公民教科書の違いをわかりやすく徹底比較します。

「さくらの憂国日記」【手奇塾】米国でも歴史の改竄 トランプ大統領の愛国教育推進


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】米国でも歴史の改竄 トランプ大統領の愛国教育推進プログラム

歴史の書き換えは日本だけではなく、米国でも行われ、自国の誇りを失わせ、文化を破壊する教育が学校で始まっています。これをキャンセル・カルチャーと言うそうです。トランプ大統領が1776委員会を設立し、危機的状況の歴史教育を立て直そうとしていることもわが国では全く報道されていません。大統領選挙中には、歴史的人物像が破壊されたり、BLM運動が過激になったりしたのも1619プロジェクトと無縁ではなさそうです。

 昨年8月、ニューヨークタイムズが、1619プロジェクトを提唱しました。これはアメリカの歴史を書き換えるものでした。今まで学校では1776年の独立宣言がアメリカの建国と教えてきました。しかし、1619プロジェクトでは、1619年8月に最初の黒人奴隷がアメリカ大陸につれてこられた時、アメリカが始まったのである、だから1619年こそが真の建国である。今まで学校で教えている1776年が建国の年だというのは間違いだという教育です。これにトランプ大統領が反対したのです。これにはトランプ大統領だけではなく多くの識者が違をとなえましたが、プロジェクトを広めている社会主義勢力はひるみません。ピュリッツァー財団から資金提供を受けて、高校の副読本作成し、教育現場への普及活動をしています。まさにわが国の南京事件従軍慰安婦を授業で取り上げる日教組共産党の教職員組合と同じようです。トランプ大統領は今年9月17日に国立公文書館歴史教育について演説し、1619プロジェクトを、歴史的真実を無視した左派による洗脳教育であり「危険なプロバガンダ」と非難しました。そして愛国教育を取り戻すために「1776委員会」を設立すると発表したのです。実際12月にトランプ大統領は、1776教育諮問委員会を立ち上げました。日本の新しい歴史教科書をつくる会の活動のように見えます。

戦後GHQが、日本の教育制度を変え、歴史も書き変え、今でも学校では中国、朝鮮を侵略した悪い国だと教えています。教科書もそうなっています。これは社会主義勢力が密かに何十年にも渡って努力した成果でしょう。南京事件従軍慰安婦も、なかったことが実際にあったかのように教科書に記述され、学校で教えられているわけです。

「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】 中華人民共和国を共産党政権と書いてはいけない コミンテルンとは何かを教えてはいけない。 (゚Д゚)ハァ? 


「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】 中華人民共和国を共産党政権と書いてはいけない。コミンテルンとは何かを教えてはいけない。 (゚Д゚)ハァ?

これは在日中国大阪総領事館のホームページです。ここに中国の多党制について、民主諸党派は、共産党と団結、協力する親密な友党と参政党であって、反対党や野党ではないと書かれています。文科省の調査官の言い分と自由社の言い分、どちらが正しいかもうお分かりですね。

 コミンテルンを生徒達に学ばせたくない、知らせたくないのは、当時破壊活動をしたからだけでしょうか。おそらくコミンテルンをインターネットで検索すると、自由社のいう、非合法組織による武装蜂起、暴力革命への志向、党組織の軍隊的規律などが明らかになり、今の社会主義勢力や一部野党にとって都合が悪いからではないでしょうか。今の日本共産党破壊活動防止法に基づいて、政府の監視対象になっています。それでも選挙に立候補して、国会や地方議会に党員を送り込んでいます。

 トランプ大統領は令和2年12月、愛国教育推進諮問委員会を設置しました。!

「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領はアメリカを取り戻せるか


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】 トランプ大統領はアメリカを取り戻せるか

手奇塾https://www.youtube.com/channel/UC0ykxG932FVl3OnbAxu0ZDg/videos

トランプ大統領危うし。 最高裁判所は、テキサス州の訴えを棄却して、司法判断を回避しました。すでにBLMの過激派が都市で騒乱を引き起こし始めています。。今後の動きにいやでも注目が集まります。  今月、12月に入ってからも次のように中国に対する圧力を少しも緩めていません。そしてアメリカ国内の中国による浸食をなんとか食い止めようとしているように見えます。 12/3 米国務省は、中国共産党員に対し、旅行・商用ビザの有効期限を10年から1か月に短縮   ちなみに中国共産党員は2019年末時点で9,191万人います。 12/3 中国半導体製造会SMICを人民解放軍と関係する会社としてリストアップ。これでファーウ エイなど合計35社が輸出規制対象になった。 12/4 中国が資金を提供する5つの文化交流を、中国政府の宣伝活動だとして打ち切り。 12/7 台湾に戦地情報システムを売却し、中国の台湾進攻に備えた。 12/7 中国全国人民代表大会の常務委員会メンバー14人に米国への入国禁止、資産凍結を実施。 12/8 国連決議に違反して北朝鮮の石炭密輸に関わった中国、ベトナム企業と団体に独自制裁。 バイデン、ハリス政権になると、せっかくトランプ政権が築いた対中包囲網はやがて穴だらけになってしまうかもしれません。そして中国は、もう怖いものなしと、覇権をさらにむき出しにしてくるでしょう。日本は、その時慌てても、もう遅いのです。憲法改正も間に合いません。尖閣を中国に取られて、やっと国民も目がさめるのではと、期待しるしかありません。しかし、幕末の黒船来航の時は、日本を救った、侍や勤王の志士たちが大勢いました。彼らは、今はもういないのです。期待しても誰に期待すればいいのでしょうか。いまごろ中国は高笑いをしているのではないでしょうか。
一部を表示
 
 

 

 

「教科書検定は機能しているか」仁徳天皇陵と聖徳太子


教科書検定 外国の介入は?  教科書検定は機能しているか?  仁徳天皇陵、聖徳太子の検定意見

聖徳太子を教科書から消したい勢力と、自由社のように断固として聖徳太子とその業績を守ろうとする勢力の争いがあります。ここにも外国勢力の影がみえます。  米国大統領選挙前に、反トランプ勢力が歴史上の人物像を引き倒すことがあちらこちらで起きました。歴史を改ざんすることがわが国でも行われてきました。 チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UC0yk...

「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領奮戦中! 再選へ勝利の女神は微笑むか・・


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領奮戦中!再選に勝利の女神は微笑むか・

日本時間、11月27日、金曜日現在、トランプ大統領弁護団は、選挙に大きな不正があったとして、裁判所に訴えたり、ペンシルベニアなどいくつかの州で、選挙の不正を見たと証人が証言する、公聴会を開いています。大手マスコミは、敗北を認めるだけの勇気がないとか、政権移行を容認したとか、ツイッターで敗北を認める可能性に言及したとか、トランプ大統領について、後ろ向きの報道しています。しかし不思議なことに、トランプ大統領側の訴訟や公聴会は、全く無視して、国民に知らせません。また、パウエル弁護士やペンシルベニア州公聴会を主導した、上院議員ツイッターのアカウントを停止するなど、選挙に関しては、中国と同じような報道管制を敷いています。なぜマスコミは、選挙前から一方的に、バイデン、ハリス氏を支援し、反トランプなのでしょうか。これはどう考えてもおかしな現象です。ここに大統領選挙に不正があったのではないか、マスコミやSNSは不正を隠したいのでは、という疑惑が生まれます。

おとなが知らない各社教科書の違い【手奇塾】大陸王朝の華夷秩序と柵封体制 倭国の自主独立


「大人が知らない教科書の違い」【手奇塾】大陸王朝の華夷秩序と柵封体制 倭国の自主独立を教科書は教えない

中学歴史教科書と高校山川出版では、華夷秩序と柵封体制を教えない。自由社は、教えています。

 ワカタケル大王(おおきみ)の剣。この鉄の剣は、東大の日本史の入試問題にも出たほど有名です。しかし、学び舎や高校山川で学ぶ生徒諸君は、この問題の正解を書くことはできないかもしれません。しかし、自由社の教科書には、この答がそのまま書かれているのです。

 朝鮮半島南部に、高句麗の軍事的圧力が強くなる中、倭国の立場を強くするため、宋に倭国の軍事的支配権を認める称号を要請し、認められた。国内では小国分立の

状態から天下統一が確立し、百済から渡来した知識人、技術者を組織して倭国は、統一国家の発展を図った。そののち、宋の称号には効力がなく、倭は、外交戦略を転換し、柵封体制からはずれ、倭王武以後、使節を送らなくなった。


「最門司さくらの憂国日記」トランプ大統領の戦い 大統領はなぜ戦うのか

 

11月14日現在、トランプ大統領の戦いは、まだ終わっていません。

トランプ大統領を突き動かしているものは何でしょうか。神、つまり正義ではないでしょうか。トランプ大統領と大統領選挙を一緒に戦っているトランプチームは、今回の大統領選挙を神、正義と邪悪なサタンの戦いのように考えているのかもしれません。邪悪とは選挙の不正です。神の名のもとに選挙の不正と戦っている。ですから敗北宣言などしないわけです。

 それでも、「不正はあったが、有効票だけを再集計した。バイデン勝利はかわらない」という結果になるかもしれません。今後どうなるかわかりません。