手奇塾のブログ

大人も知らない各社歴史・公民教科書の違いをわかりやすく徹底比較します。

「最門司桜の憂国日記」【手奇塾】建国を教えない日本、建国を書き換えるアメリカ


「最門司桜の憂国日記」【手奇塾】建国を教えない日本、建国を書き換えるアメリカ

 アメリカでは、今までの歴史観や伝統、文化を否定する教育が長い間行われ、現在もおこなわれています。これをキャンセル・カルチャーというそうです。この従来の価値観を壊して、新しい価値観が正しく、これを子供たちに教えることが正しい教育であるという考えです。よく考えればわが国も戦後教育で同じことが行われてきたことに気づくでしょう。先のアメリカ大統領選挙前には、このキャンセル・カルチャー運動が激しくなりました。歴史上の人物像を破壊したりすることも行われました。この運動を選挙前にあおったのが、ニューヨークタイムズが提唱した1619プロジェクトでした。もともとアメリカ合衆国は、イギリスの植民地でした。アメリカ大陸に移住した移民がインデアンの土地を奪い、独立戦争を戦い、勝利したのち、13の植民地の代表が英国からの独立を宣言しました。この日が1776年7月4日で、アメリカの建国記念日です。今までアメリカ人は、学校でこのように教わってきました。ところが1619プロジェクトでは、これは間違いで、正しいアメリカの建国は、初めて英国のバージニア植民地にアフリカの黒人奴隷がつれてこられた1619年8月が、アメリカがアメリカになった年だというのです。この理論ではインデイアンは無視です。この女性が着ているTシャツには、1619,voteと書かれています。明らかに大統領選挙を意識して、黒人票の獲得を目的としていると言えるでしょう。BLM運動も同じです。選挙期間中の歴史的人物像の破壊も同じです。トランプ大統領は、これは歴史の書き換えで、社会主義勢力のプロパガンダ、つまり政治宣伝であるとしてこのプロジェクトに反対をしました。そして逆に昨年12月に1776委員会を立ち上げて愛国教育を推進することにしました。これはそのときの大統領令です。ところがトランプ大統領が選挙にまけてしまったため、バイデン大統領は、就任後直ちにトランプ大統領が設立した1776委員会を解散させてしまいました。

 トランプ政権の時の国連大使、ニッキ・ヘイリーさんは、ツイッターで、2020年は社会主義が主流になった年でした。あらゆるところで失敗し、数え切れないほどの生活を台無しにしてきた危険なイデオロギーは、民主党のデフォルトの経済政策になりつつあります。この恐ろしい傾向は、すべてのアメリカ人の未来を脅かしていますとおっしゃっています。また、「左は反米の世界観を教室に押し込んでいる。ビッグテックは保守的な言論を検閲し、左派の考えを強要しています。」ともおっしゃっています。

 わが国の建国記念日は、2月11日ですが、学校では、詳しく教えていません。当然児童、生徒も今日は建国記念の日と覚えるくらいで、詳しく理解していません。つまりわが国では社会主義勢力によって、書き換えどころか、初めから教科書に日本の建国を記述していないのです。

 残念ですが今の学校ではこのように教えていません。ですから生徒は、2月11日が建国の日とわかっていても、何年に建国されたのか、いつごろから日本というようになったのか、なぜ日本というのかも学校では教えてもらえません。このままでは生徒たちは、将来自分の子にも教えることはできないでしょう。こうして昔は小学生でも知っていた知識が、子孫に伝わらなくなっています。まさにキャンセル・カルチャーです。歴史や伝統、文化の破壊です。長い年月をかけて、すこしづつ、目立たないように破壊していく、静かなる革命です。

 

「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】南京事件 小学生の教科書にも南京事件が載っている!


「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】南京事件 小学生の教科書にも南京事件が載っている!

当時南京市内には、日本から多くの新聞記者やカメラマンがいて記事を書いて送っていた。

同盟通信の前田雄二氏の著書「戦争の流れの中に」には次のようにあります。

「14日は、各門から入ってきた、同盟の記者、カメラ、無電が次々と入ってきた。記者の大鋸時生、樋口健吉、小坂武司、加藤松、深沢幹三、写真の稲津幹二、無電の菊池久太郎、それに古賀、手島、中村などの連絡員で、臨時支局は、33名と膨れ上がった。他社は10名から15名ていどだったので一台陣容となったのだが、これがかえって裏目に出た。日中は記者もカメラマンも取材に出歩いていたので問題は、なかったのだが、夕刻皆が返ってくると野戦支局は人間でいっぱいになった。また次のようにも書かれています。占領後、難民区内で大規模の略奪、暴行、放火があったという外電が流れた。これを知って、私たちは、キツネにつままれたような思いをした。というのは、難民区は入場早々指定され、将兵の立ち入りが禁止された。そして入場式のころから難民区でも区外でも商店が店を開け始め、同盟班も18日には難民区内にあった旧支局に移動していた。これは区内の治安が回復したからのことである。難民区内での日本兵の乱暴狼藉説が上海から伝えられたのは、その直後のことだったのだ。すなわち、私たちが以前の活気を取り戻した難民区内の支局で、平和な日常生活を始めた矢先のことである。私たちは顔を見合わせた。新井も、堀川も中村あつおも、市内をマメに回っている写真や映画の誰一人、治安回復後の暴虐については知らなかった。残敵掃討や区内に逃げ込んで潜伏した中国兵の摘発も、14日には終わっていたのだ。もしこうした無法行為があったとすれば、ひとり同盟だけではない、各社百名の報道陣の耳目にはいらぬはずはなかった。

「さくらの憂国日記」【手奇塾】米国でも歴史の改竄 トランプ大統領の愛国教育推進


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】米国でも歴史の改竄 トランプ大統領の愛国教育推進プログラム

歴史の書き換えは日本だけではなく、米国でも行われ、自国の誇りを失わせ、文化を破壊する教育が学校で始まっています。これをキャンセル・カルチャーと言うそうです。トランプ大統領が1776委員会を設立し、危機的状況の歴史教育を立て直そうとしていることもわが国では全く報道されていません。大統領選挙中には、歴史的人物像が破壊されたり、BLM運動が過激になったりしたのも1619プロジェクトと無縁ではなさそうです。

 昨年8月、ニューヨークタイムズが、1619プロジェクトを提唱しました。これはアメリカの歴史を書き換えるものでした。今まで学校では1776年の独立宣言がアメリカの建国と教えてきました。しかし、1619プロジェクトでは、1619年8月に最初の黒人奴隷がアメリカ大陸につれてこられた時、アメリカが始まったのである、だから1619年こそが真の建国である。今まで学校で教えている1776年が建国の年だというのは間違いだという教育です。これにトランプ大統領が反対したのです。これにはトランプ大統領だけではなく多くの識者が違をとなえましたが、プロジェクトを広めている社会主義勢力はひるみません。ピュリッツァー財団から資金提供を受けて、高校の副読本作成し、教育現場への普及活動をしています。まさにわが国の南京事件従軍慰安婦を授業で取り上げる日教組共産党の教職員組合と同じようです。トランプ大統領は今年9月17日に国立公文書館歴史教育について演説し、1619プロジェクトを、歴史的真実を無視した左派による洗脳教育であり「危険なプロバガンダ」と非難しました。そして愛国教育を取り戻すために「1776委員会」を設立すると発表したのです。実際12月にトランプ大統領は、1776教育諮問委員会を立ち上げました。日本の新しい歴史教科書をつくる会の活動のように見えます。

戦後GHQが、日本の教育制度を変え、歴史も書き変え、今でも学校では中国、朝鮮を侵略した悪い国だと教えています。教科書もそうなっています。これは社会主義勢力が密かに何十年にも渡って努力した成果でしょう。南京事件従軍慰安婦も、なかったことが実際にあったかのように教科書に記述され、学校で教えられているわけです。

「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】 中華人民共和国を共産党政権と書いてはいけない コミンテルンとは何かを教えてはいけない。 (゚Д゚)ハァ? 


「教科書検定は機能しているか」【手奇塾】 中華人民共和国を共産党政権と書いてはいけない。コミンテルンとは何かを教えてはいけない。 (゚Д゚)ハァ?

これは在日中国大阪総領事館のホームページです。ここに中国の多党制について、民主諸党派は、共産党と団結、協力する親密な友党と参政党であって、反対党や野党ではないと書かれています。文科省の調査官の言い分と自由社の言い分、どちらが正しいかもうお分かりですね。

 コミンテルンを生徒達に学ばせたくない、知らせたくないのは、当時破壊活動をしたからだけでしょうか。おそらくコミンテルンをインターネットで検索すると、自由社のいう、非合法組織による武装蜂起、暴力革命への志向、党組織の軍隊的規律などが明らかになり、今の社会主義勢力や一部野党にとって都合が悪いからではないでしょうか。今の日本共産党破壊活動防止法に基づいて、政府の監視対象になっています。それでも選挙に立候補して、国会や地方議会に党員を送り込んでいます。

 トランプ大統領は令和2年12月、愛国教育推進諮問委員会を設置しました。!

「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領はアメリカを取り戻せるか


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】 トランプ大統領はアメリカを取り戻せるか

手奇塾https://www.youtube.com/channel/UC0ykxG932FVl3OnbAxu0ZDg/videos

トランプ大統領危うし。 最高裁判所は、テキサス州の訴えを棄却して、司法判断を回避しました。すでにBLMの過激派が都市で騒乱を引き起こし始めています。。今後の動きにいやでも注目が集まります。  今月、12月に入ってからも次のように中国に対する圧力を少しも緩めていません。そしてアメリカ国内の中国による浸食をなんとか食い止めようとしているように見えます。 12/3 米国務省は、中国共産党員に対し、旅行・商用ビザの有効期限を10年から1か月に短縮   ちなみに中国共産党員は2019年末時点で9,191万人います。 12/3 中国半導体製造会SMICを人民解放軍と関係する会社としてリストアップ。これでファーウ エイなど合計35社が輸出規制対象になった。 12/4 中国が資金を提供する5つの文化交流を、中国政府の宣伝活動だとして打ち切り。 12/7 台湾に戦地情報システムを売却し、中国の台湾進攻に備えた。 12/7 中国全国人民代表大会の常務委員会メンバー14人に米国への入国禁止、資産凍結を実施。 12/8 国連決議に違反して北朝鮮の石炭密輸に関わった中国、ベトナム企業と団体に独自制裁。 バイデン、ハリス政権になると、せっかくトランプ政権が築いた対中包囲網はやがて穴だらけになってしまうかもしれません。そして中国は、もう怖いものなしと、覇権をさらにむき出しにしてくるでしょう。日本は、その時慌てても、もう遅いのです。憲法改正も間に合いません。尖閣を中国に取られて、やっと国民も目がさめるのではと、期待しるしかありません。しかし、幕末の黒船来航の時は、日本を救った、侍や勤王の志士たちが大勢いました。彼らは、今はもういないのです。期待しても誰に期待すればいいのでしょうか。いまごろ中国は高笑いをしているのではないでしょうか。
一部を表示
 
 

 

 

「教科書検定は機能しているか」仁徳天皇陵と聖徳太子


教科書検定 外国の介入は?  教科書検定は機能しているか?  仁徳天皇陵、聖徳太子の検定意見

聖徳太子を教科書から消したい勢力と、自由社のように断固として聖徳太子とその業績を守ろうとする勢力の争いがあります。ここにも外国勢力の影がみえます。  米国大統領選挙前に、反トランプ勢力が歴史上の人物像を引き倒すことがあちらこちらで起きました。歴史を改ざんすることがわが国でも行われてきました。 チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UC0yk...

「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領奮戦中! 再選へ勝利の女神は微笑むか・・


「最門司さくらの憂国日記」【手奇塾】トランプ大統領奮戦中!再選に勝利の女神は微笑むか・

日本時間、11月27日、金曜日現在、トランプ大統領弁護団は、選挙に大きな不正があったとして、裁判所に訴えたり、ペンシルベニアなどいくつかの州で、選挙の不正を見たと証人が証言する、公聴会を開いています。大手マスコミは、敗北を認めるだけの勇気がないとか、政権移行を容認したとか、ツイッターで敗北を認める可能性に言及したとか、トランプ大統領について、後ろ向きの報道しています。しかし不思議なことに、トランプ大統領側の訴訟や公聴会は、全く無視して、国民に知らせません。また、パウエル弁護士やペンシルベニア州公聴会を主導した、上院議員ツイッターのアカウントを停止するなど、選挙に関しては、中国と同じような報道管制を敷いています。なぜマスコミは、選挙前から一方的に、バイデン、ハリス氏を支援し、反トランプなのでしょうか。これはどう考えてもおかしな現象です。ここに大統領選挙に不正があったのではないか、マスコミやSNSは不正を隠したいのでは、という疑惑が生まれます。